禁断の御朱印帳

  • 2020.06.07 Sunday
  • 10:58

色々な社寺を
巡るようになって 早8年。
そして
御朱印を頂くようになって 8年。

御朱印は御存じの通り
御朱印帳と呼ばれる帳面に頂きますが
この『御朱印帳』
大きく分けると 
『和綴じ』と『蛇腹』の2種類があります。

『和綴じ』とは
本のようにめくることが出来る御朱印帳で
雁皮紙という生成りの和紙を使用しており
『蛇腹』とは
屏風のように紙を折り重ねた御朱印帳で
大抵が奉書紙という厚手の用紙を使用しています。

あややんは
ず〜っと 和綴じの御朱印帳を愛用していましたヾ(o・_・o)
あ、御首題帳は蛇腹ですけど(苦笑)

書き手さんにはよく『書きやすいですね♡』と褒められたり
蛇腹タイプより多くの御朱印を1冊で頂けたりと
良い事づくしだったのですが
数年前から
書き手さん不足や御朱印ブームなどでか
書置きの御朱印や見開きの御朱印を頂く事が多くなってきました。

書置きは
予め書かれている用紙を頂き 御朱印帳に貼り付けます。
見開きは
2ページ分にまたがり書いて頂ける御朱印だったり
A5サイズの書置きだったりもします。

ましてや
今は感染症対策の真っ只中。
直書きを中止している寺社さんも多く
ますます書置きが・・・(苦笑)

和綴じの御朱印帳に 貼り付ける際
『あっ!曲がった!Σ( ̄□ ̄ノ)ノ』なんて時

薄い雁皮紙は 貼り直すと破れるリスクが・・・😖
見開きの書置きは
2ページにまたがり貼り付けることになるので
中央にすき間がある和綴じは
綺麗に貼り付けるのが ほぼ皆無・・・orz il||li _| ̄|○ il||li
書いて頂く時も
続きが左ページだった場合は 1ページ無駄に・・・😥
また
中央のすき間があるので書きづらそうです💦


・・・そう、和綴じにはあまり向かない感じなのです(´・ω・`)


悩んだ挙句
とうとう手を出してしまいました・・・

見開き蛇腹御朱印帳&蛇腹御朱印帳

最近は
中の用紙の選択もでき

『鳥の子』と言われる厚手の雁皮紙は
滲みも少なく
直書きもバッチシですヾ(@^▽^@)ノ

そんな素敵な御朱印帳で
早速 御朱印を頂きました(* ̄∇ ̄*)

 
左:龍雲寺 桜花 右:龍雲寺 桜龍

栃木県足利市にある龍雲寺さんの御朱印です。
こちらは直書きで
それはそれは迫力ある綺麗な御朱印です♪

見開きで ドーン!!(* ̄∇ ̄*)

 
左:龍雲寺 天道 右:龍雲寺 一心

 
左:龍雲寺 紫雲 右:龍雲寺 釈迦尊

こちらの4体は書置きで授与して頂きました。
最新のお知らせ等は
InstagramTwitterに載っています。

書置きは 素敵な授与袋に入っていました(^^)
また
足利の情報パンフレットも送って頂き
終息したら是非 旅行に行ってみたいなぁ〜(* ̄∇ ̄*)


この御朱印帳のおかげ(?)で

益々 拍車が掛かる気が・・・(苦笑)



JUGEMテーマ:御朱印収集

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

links


楽天市場

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM