大阪・熊野の旅【其の弐】

  • 2019.04.25 Thursday
  • 09:27

2日目は
今回の旅行のメイン『熊野』へ。
阪急交通社さんの
日帰りバスツアーに参加します( ̄▽ ̄)ゞ

7:00梅田に集合。なんばも立ち寄り
まずはひたすら南下します。
途中 休憩を挟みながら揺られること5時間(苦笑)

南紀の水平線を見ながら
まずは橋杭岩(はしぐいいわ)を目指します。
 
こちらは
空海さん(弘法大師)が天邪鬼と橋を渡す競争をした伝説が残ります。
一晩で橋を渡す競争をしていたのですが
圧倒的に空海さんに差をつけられてしまった天邪鬼は
邪魔をしようとニワトリの真似をして 朝が来たと勘違いをさせます。
その声を聴き 完成前に朝が来てしまったと思い
空海さんは作業をやめてしまい それが立岩として今も残っているそうです。


暫しの休憩ののち
車内で配られたお弁当を もぎゅもぎゅ(*´ω`*)
しばらくすると 一社目の熊野那智大社に到着。

今回は滞在時間が60分なので
滝の麓にある『飛瀧神社(ひろうじんじゃ)』への参拝は
時間的に難しいとのこと(´・ω・`)残念です。




いきなり473段の階段Σ( ̄□ ̄ノ)ノ
もうゼーハーものです(苦笑)
 
現在改修工事中とのコトで

鳥居や建物に覆いが掛かっておりました(苦笑)
 

階段を登りきると・・・

桜の下を花嫁行列
なんとも絵になります(^^)

 
熊野那智大社拝殿と御縣彦社(みあがたひこしゃ)

御縣彦社は八咫烏を祀るお社です。

拝殿のすぐ脇には授与所があり・・・

でっかい
おみくじがっ!!(笑)


ものすご〜く引きたかったのですが

時間もそこそこなので

そこはグッと我慢(苦笑)

お次は
すぐお隣にある青岸渡寺(せいがんとじ)へ。
 
西国三十三ヶ所の第一番札所です。
丁度 巡礼中の団体さんもいて
境内は大勢の人で あふれていました。

 
青岸渡寺の境内から見える
三重塔と那智の滝です(^^)


あっという間に集合時間になり
次の目的地
熊野速玉大社へ。
 
こちらには
大きな梛(なぎ)の御神木があります。

樹齢は1000年とも言われており
古来から道中の安全を祈り
この葉を懐中に忍ばせてお参りすることが習わしだったそうです。

 
神門と参集殿
 
速玉宮と大禮殿(だいらいでん)

そして最後は
熊野本宮大社です。
 
熊野那智大社ほどではありませんが
階段が158段ほどあります。
参拝にはいくつかルールがあり
熊野本宮大社→彦田社→大斎原(おおゆのはら)の順に行います。

まずは
〇夏擦榔γ爾鯏个蝓〆乎爾魏爾襦
∋夏仕喘罎砲△襦憮姥預膺澄戮砲参りをして身を祓い清める。
手水舎にて清める。
そして
いよいよ参拝ですが・・・

・・・と
お社の参拝順も決まっています。

神門です。
ここから中は神域になりますので

撮影は禁止みたいです。
(参拝記念撮影等は社務所に届けで 許可を得る事と書かれてましたが/苦笑)

なので
神門の隣にある拝殿を映してみました。
 
拝殿と八咫ポスト

 
亀石と大黒石

ちょっとゆっくりしすぎて
彦田社と大斎原に行きそびれてしまいました(苦笑)

駐車場から
ちょろっと見えた日本一の大鳥居を パチリッ♪


この時 既に17時半。

帰りは
日本一面積が大きな村 十津川村を縦断し
一路大阪へ。
途中 柿の葉寿司のお店に寄り軽食&お土産を買って
21時半 無事大阪に戻って参りました( ̄▽ ̄)ゞ

拘束時間:約14時間半
バス走行距離:約457Km
総歩数:11891歩

添乗員さんもビックリの
日帰り熊野三山詣でした(^^)
(場所的には宿泊で行く方が普通なんだそうです/苦笑)



JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:御朱印収集

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

links


楽天市場

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM