京都DE七福神(御朱印七福神)

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 12:49

最後は

七福神の御朱印です(^^)
今回は
専用の御朱印帳で授与して頂きました( ̄▽ ̄)ゞ
 
まずは『都七福神』から。

今回は『鈴木松風堂』さんの御朱印帳で頂きましたが
萬福寺などにも専用の『都七福神御朱印帳』がありました。
こちらの御朱印帳は
地図や注釈が入っていてとても見やすいです。
墨の染み込みがイマイチで
ドライヤーで乾かしながら授与して頂きました。
七福神めぐりの時期は
何処に行っても 色紙の為のドライヤーが備えられていますヾ(o・_・o)
 

萬福寺 布袋尊

赤山禅院 福禄寿神

松ヶ崎大黒天 大黒天

革堂 寿老神

京都ゑびす神社 ゑびす神

六波羅蜜寺 弁財天

東寺 毘沙門天

萬福寺は
1月中旬頃までは
都七福神の『布袋尊』御朱印のみの授与だそうです。
(この他に4種類ほどあります)
 
京都が発祥と言われている七福神巡りは 歴史が古く
室町時代には七福神信仰がおこり 全国へ広がったといわれています。
その中でも
『都七福神』は日本最古で多くの人が詣でるといわれています。
期間は1月1日〜31日で
この期間は 京都駅付近から専用のツアーバスも運行されています。
また
専用色紙は 各寺社によって絵柄が違うようで
好みにもよるとは思いますが
萬福寺の色紙を持っている方が多かったようにも思えます。
廻る順番は決まってないので
ただ単に
廻りやすい順番がたまたま・・・かもですが(苦笑)


お次は
『泉山七福神巡り』の御朱印です。
この専用御朱印帳は
第一番の即成院(そくじょういん)の境内に専用授与所がありました。
和綴じで
各ページには写仏もついています。
七福以外に愛染明王 楊貴妃観音を一緒に参拝し
九福(久福)が授かるといわれています。
参拝順路の立て看板があるので 迷うことはありません。


即成院 福禄寿(第一番)

戒光寺 弁財天(第二番)
新善光寺 愛染明王(番外)

今熊野観音寺 恵比寿神(第三番)

来迎院 布袋尊(第四番)

泉涌寺 楊貴妃観世音(番外)

雲龍院 大黒天(第五番)

悲田院 毘沙門天(第六番)

法音院 寿老人(第七番)

こちらの七福神巡りは
成人の日(1月第二月曜日)の1日限りで
8:00〜16:00頃まで行われるそうです。
途中の寺院で あずき粥やこぶ茶の接待の他
山内にある泉山幼稚園でバザーなども催され
暖かいうどんやぜんざい お饅頭なども販売されていました。
泉涌寺(せんにゅうじ)』は真言宗泉涌寺派の総本山で
皇室との所縁が深く 天皇の陵墓がある菩提寺で『御寺(みてら)』ともいわれています。
こちらも専用の色紙があるようです。
生憎の雨模様だったので
約3時間弱程の所要時間を有しましたが
晴れていれば
時間帯にもよると思われますが 2時間半位で廻れるようです。
 
とても気温が低い時期に来てしまったようで
3日間を通して
『カイロは必須!!』と思いました(苦笑)
今回の旅行では
『食』が かなり印象深いものになり
個人的には
普茶料理は『一生に一度』食べるものリストに・・・の域です(笑)
機会があったら
味わってみるのも おすすめです(^^)


 

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:御朱印収集

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

links


楽天市場

Amazon

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM