京都DE七福神(其の壱)

  • 2018.01.11 Thursday
  • 11:48

今年初めての連休は

2泊3日で京都へ行って参りました( ̄▽ ̄)ゞ
 

ここ数年

お正月休みの間に

何処かしらの『七福神めぐり』をするのが通例だったのですが

今年は

旅行のついでに

京都で七福神めぐりをしてきました(^^)
 

今回は日本最古といわれる『都七福神』と
成人の日のみに行われる『泉山七福神巡り』に挑戦ヾ(≧▽≦)ノ

新幹線を降りホテルに荷物を預けたら
まずは
『都七福神』の布袋尊が祀ってある『萬福寺(まんぷくじ)』へ。
 
1654年中国福健省から渡来した隠元(いんげん)禅師が
1661年に開創された寺院で
日本三禅宗(臨済・曹洞・黄檗)の一つ 黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山です。
三門正面にある 天王殿には
布袋尊 韋駄天像・四天王が祀られております。
 
黄檗宗の儀式作法は 仏教儀礼で行われ
お経などは 黄檗唐韻(古い中国語の発音)で声明されているそうです。
いわれてみれば
どことなく中国感が漂ってる感じが・・・(笑)
 
大雄宝殿には
御本尊 釈迦牟尼佛像が鎮座しております(^^)
そして
禅寺といえば・・・

魚梆(ぎょほう)
こちらは
現在も『時』を報じているそうです。
 
 


一通り探訪した後は

近くの普茶料理屋さん『銀杏庵』へ
 
普茶料理(ふちゃりょうり)とは

江戸時代初期に中国から日本へもたらされた精進料理で
葛と植物油を多く使った濃厚な味つけが特徴で
よく口にする『胡麻豆腐』なんかも普茶料理なんだそうです。

長崎の卓袱料理(しっぽくりょうり)と ちょっと似ています。

精進料理なので肉などは一切でません(苦笑)

大皿に乗った料理が円座の上に置かれ

彩も鮮やかな新鮮なお野菜を使ったお料理の数々が

次から次へと・・・(汗)

かなり(相当)お腹がいっぱいになります(^^;)


お腹が満たされ眠気MAXの身体にムチうちながら

京阪線で移動。

叡山線に乗り換えて

たどり着いたのは『赤山禅院(せきざんぜんいん)
 
こちらは

『都七福神』の『福禄寿神』が祀られています。

 
 

延暦寺の塔頭寺院の一つでもあり

御本尊は『泰山夫君(たいざんふくん)』という

陰陽道では主祭神に祀られている焔魔天(閻魔天)の眷属です。

泰山夫君(赤山明神)は
京都御所の裏鬼門を守護している為
方位除けの神様として信仰を集めたそうです。

この頃から

雨がパラパラ・・・
ですが
丁度 移動中であったり

雨宿りができるスペースがあったりで

1日中一度も傘をささずに済みました。

お次は
足早に『松ヶ崎大黒天』へ。

丁度

ツアーで七福神を廻られている団体さんと鉢合わせ(苦笑)

境内は かなり混んでいました(^^;)

 
思わぬところで

時間をくってしまいました(苦笑)

でも

本日の『都七福神』巡りは ここまで。


この後は寄り道

数年ぶりに『下鴨神社』へ伺いました(^^)

 


境内で下鴨四兄弟達を発見!!

 
他の2匹は

見つけることができませんでしたが

きっと何処かに紛れているのでしょう(苦笑)


お参りを済ませたら
糺の森内にある 摂社『河合神社』へ。

こちらは

美人祈願で有名な『鏡絵馬』が置かれています。

若い女性がいっぱいでした(^^;)


1日目はここまで。

参道を駅に向かって歩きます。

そして

京阪線に乗って

夜の河原町へと 消えてゆくのでありました(笑)



JUGEMテーマ:神社仏閣

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

links


楽天市場

Amazon

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM