ブラあややん(迎賓館)

  • 2018.08.12 Sunday
  • 14:21

関西圏に住む友人から
東京に来る用事があるとの連絡が入り

数年ぶりの再会に(^^)

彼女が『迎賓館に行きたい』とのコトで
あややんも初めての

迎賓館赤坂離宮行って参りました( ̄▽ ̄)ゞ

ベ○サイユ宮殿のような ゴージャス満載の正門♪

外国からの賓客の接遇に支障のない範囲で
一般公開されているそうです。
事前予約もありますが 当日受付でも大丈夫とのこと。
『赤坂』というぐらいなので
最寄駅が『赤坂見附とか赤坂駅付近かな〜?』なんて思っていたら
電車1本で行ける『JR四ツ谷駅』という・・・・・・(;¬_¬)

というか 四ツ谷(新宿区)が港区赤坂にすごく近かったことを今更発見(苦笑)

本館と和風別館の公開がされており
和風別館の方は
事前申込で当選された方のみ公開だそうです。
西門が入口になっており

受付でボディチェック&持ち物検査を受けてから中へ。
本館入り口手前で『音声ガイド』の貸出も行われていて
美術館さながらな感じです(^^)
本館内は
写真撮影禁止の為 画像がありませんが
それはそれはゴージャスな空間でした(^^)
 

こちらは
本館建物の裏側になり 対面には・・・

ゴージャスな噴水が(^^)

噴水を前に写真を撮ると・・・
 
こんな感じ(笑)

警備員のおじさんがこっそり教えてくれた 絶景撮影スポットです(笑)

そして
本館正面に向かいます。
 
日本らしいオブジェが 屋根に・・・

正面玄関&ゴージャス扉
 
 
 

迎賓館正門近くの緑地で

何かのドラマ撮影が行われているようでしたが

遠目過ぎて 誰だかわからず(^^;)

途中
通り雨に合いましたが
本降りの前に 四ツ谷駅近くのカフェに逃れ
何とか しのぎました(苦笑)
暫し談笑をして

忙しい友人は 次の目的地へ。
数時間でしたが
楽しい時間を過ごせました(^^)



JUGEMテーマ:東京近辺の観光地

ブラあややん(小江戸)其の弐

  • 2018.06.03 Sunday
  • 11:20

小江戸のメインストリートから
歩くこと約20分。
川越氷川神社へ到着ですヾ(o・_・o)

鳥居が
やたら混雑していると思ったら・・・
涼やかな風車が(^^)
 
 
こちらは『縁結び』の御利益が有名で

若い女性やカップルがわんさか(笑)

本殿では お式も挙げられているようでした(^^)

541年 創建。五柱の神々が祀られており

主祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)。
その他 境内には
護国神社の他 21社もの摂社・末社が祀られています。

川越氷川神社といえば・・・
 
鯛のおみくじ(笑)
・・・京都の八坂神社にもあった気が(苦笑)・・・
ピンクの『あい鯛みくじ』と赤色の『一年安鯛みくじ』があり
例にもれず
あややんは赤鯛 釣ってみました( ̄▽ ̄;)ゞ

氷川神社の境内で暫し過ごしてから

ずんどこ歩いて
お次は 真言宗智山派の成田山川越別院へ。
 
御存じ

千葉県にある成田山新勝寺の別院で 通称は『川越不動』
成田山最初の別院なんだそうです。

 

そして
すぐ近くには 天台宗の寺院 喜多院があります。

こちらは 通称『川越大師』
830年 円仁和尚(慈覚大師)創建で
境内にある多くの建物が重要文化財に指定されています。
 

そして
喜多院の山門前には 日枝神社があります。

もともとは
喜多院の境内にあったそうです。
太田道灌公が江戸城を築城するにあたり
こちらの神社さんから分祀したものが
赤坂にある日枝神社なんだそうです。

また
喜多院の裏手には
仙波東照宮があります。
 

残念ながら 門が閉まっていて参拝はできませんでした。

そして
徒歩約5分ほどのところに
天台宗の寺院 中院(なかいん)があります。

狭山茶発祥之地の碑があり
円仁和尚が京都から茶の実を持ち帰り 境内で薬用として栽培し始め
のちに狭山丘陵で広まったそうで
狭山茶は元は『河越茶』と呼ばれていたそうです。

元は仙波東照宮の場所にあり
昔は
仏蔵院【現 喜多院(北院)】仏寺院【中院】多聞院【南院】の三院で
星野山無量寿寺というお寺だったんだそうです。
そういえば
喜多院から中院に行く途中に 南院遺跡というのがありました。
 
明治維新に起きた

『廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)』により 廃寺となってしまい

現在の場所に石碑や石仏を集めたそうです。

南院があった場所は 今は住宅地になってしまっているそうです。


今回の探訪は ここまで。
その後は
駅に向かいがてらお茶とかして 川越の商店街をぶらぶら。
帰りも
各駅停車で・・・(苦笑)←乗り換えが面倒だった・・・(;¬_¬)
19098歩の休日でした(笑)

最後は
御朱印を紹介しますヾ(o・_・o)



JUGEMテーマ:神社仏閣

ブラあややん(小江戸)

  • 2018.06.02 Saturday
  • 23:07

早いもので

もう今年も 半年が過ぎようとしています(苦笑)
そんな6月の最初のお休みは
『小江戸』でおなじみ埼玉県の川越へ 行って参りました( ̄▽ ̄)ゞ

飯田橋駅から
東武東上線に乗り入れている有楽町線に乗れば
乗り換えをせずに 東武東上線の『川越駅』へアクセスできます。

各駅停車なので それなりに時間が・・・(^^;)
でも
途中 急行に乗り換えれば
もう少し早く着くことができます(^^)

まずは
駅から徒歩5分ほどのところにある 川越八幡宮へ。

1030年 源頼信公が戦勝に感謝し創祀。
御祭神は 応神天皇こと誉田別命(ほんだわけのみこと)です。
 
境内には
目の神様や稲荷社などもありました。

『八幡さまあるある』ですが
入ってきた方と反対側にある
石柱の『八』の字は『ハト』さんでした(^^)


ブラブラ歩きながら
お次は 川越熊野神社へ。
 
通称『おくまんさま』と呼ばれ
御祭神は 熊野大神で
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
事解之男尊(ことさかのおのみこと)
速玉之男尊(はやたまのおのみこと)の御三神です。
境内には
石が敷き詰められている歩道『足踏み健康ロード』や
運試しができる『輪投げ舎』
八咫烏さまから一言頂ける『むすひの庭』や
手相や算命学・気学などから運を指南する『開運指南所』などがあり
一味違った神社さんでした(^^)

お次は
徒歩約5分ほどの場所にある浄土宗の寺院 蓮馨寺(れんけいじ)へ。

境内では
とても賑わっていました(^^)
この辺りで丁度 お昼頃になり
お腹ぺこぺこのあややんは
コーヒーよりも定食を・・・(;¬_¬)
・・・ので フェスティバル 華麗にスルー(苦笑)
写真も
この1枚だけという・・・(汗)


無事 昼食を終え
復活してからは またずんずん歩きます(笑)
 

 

 
あちこち寄り道をしながら
蔵造りの街並みを堪能(* ̄∇ ̄*)

そして

有名な川越のシンボル『時の鐘』へ。

なんとっ!人力車に乗った新郎新婦に遭遇Σ( ̄□ ̄ノ)ノ

これは

何とも縁起が良い!!ヾ(@^▽^@)ノ
 

そして

『時の鐘』を潜って薬師神社をお参り。
 

出てくると
レトロな巡回バスに遭遇。

そして

レトロなスタバも発見!(笑)


そして
これよりちょっと離れた氷川神社へ向かいます。



JUGEMテーマ:神社仏閣

一陽来復と路面電車の旅

  • 2018.01.22 Monday
  • 18:58

今年も

『一陽来復』を授かりに

早稲田にある穴八幡宮へ行って参りました( ̄▽ ̄)ゞ


10:00頃到着で

授与所の待ち時間は 20分ほど。

休日にしては 空いている方だと思います(^^)

 

そして

都電荒川線(早稲田駅〜三ノ輪橋駅)途中下車の旅をしてきましたヾ(@^▽^@)ノ

都電荒川線は

いわゆる『路面電車』で

一般道に線路があり 自動車と並走したりします。
路面にいる人や車に対し『チンチン♪』と警笛を鳴らして注意を喚起していたことから

昔は『チンチン電車』と呼ばれていて
あややんもそっちの呼び名の方が しっくりきます(^^;)
ちなみに

荒川線は発車の際に『チンチン♪』と鳴らしてました(^^)
 

まずは

早稲田駅から乗り込み

車内で1日乗車券(¥400)を購入。
 
最初は

『鬼子母神前』駅で下車。

駅を降りると

商店街によるみちくさ市が開催されていました。

参道を5分ほど行くと

雑司ヶ谷鬼子母神堂(本明寺)』へ。
 
丁度

ふゆの陶器市』という催しの真っ最中で

ご覧の通りの人混みです(^^;)

810年

真言宗のお寺として開山しましたが

のちに日蓮宗に改宗して本明寺という名になったそうです。
 

そして

歩いて5分ほどにある『雑司ヶ谷大鳥神社』へ。

 
こちらも

『ふゆの陶器市』が開催されていて賑わっていました(^^)

お次は『大塚駅前』駅で下車。

徒歩5分ほどのところにある『大塚天祖神社』へ。
 

地元の神社さんという雰囲気で

のんびりした空気が流れている感じです(^^)
 

都電荒川線は

約6分間隔位で運行していて 車両の柄も色々あり

1両編成で 中はバス程度の広さでしょうか。

降りる際は バスのように『ボタン』を押します。
(押さなくても 出口の扉は開いてましたけど/苦笑)

地元の方の足代わりに愛用されている感じです。

向こうから走ってくる人を見れば

待っていてくれるような 人情味あふれる電車です(^^)

お次は『庚申塚』駅で下車。

5分位歩くと・・・

おばあちゃんの原宿 巣鴨へ(笑)

更に商店街を5分ほど歩いて

 
とげぬき地蔵尊(高岩寺)』へ。

人気の『洗い観音』は

平成4年11月

あたらしい聖観世音菩薩の開眼式を執行した際

『たわし』を廃止し『タオル』で洗うようになったそうで

境内には『タオル(¥100)』売ってました(苦笑)


更に巣鴨駅方面へ5分ほど歩くと

江戸六地蔵の一つ『眞性寺』があります。

こちらは真言宗豊山派のお寺さんで

境内に入ると 笠をかぶった大きなお地蔵さんが鎮座しています。
 
江戸の出入口6ヶ所に置かれた地蔵菩薩坐像の一つで
京都の六地蔵を模して造立されたそうです。
現存は第五番までの坐像しかなく
明治の神仏別離令で六番目のお地蔵さまは取り壊されてしまったそうです。
 
巣鴨地蔵通商店街をブラブラ戻り
お次は『飛鳥山』駅を目指します。
飛鳥山公園を超えたところに『七社神社』があります。
 

公孫樹の周りの柵にはオリジナルキャラクター『子守犬(こま犬)』の
可愛い絵馬が いっぱいありました。
この他に お守りや御朱印帳などもありましたよ(^^)
 
そして この後は
一気に終点駅『三ノ輪橋』駅まで。
徒歩10分位のところに『千束稲荷神社』があります。
 
『たけくらべ』で有名な樋口一葉ゆかりの神社さんです。


そしてココから上野駅まで(徒歩30分/苦笑)行き
アメ横などをブラブラしていたら
どっぷり日が暮れていました(笑)

御徒町駅近くにある松坂屋の前の広場は
スケートリンクになってました。
 
結局 秋葉原駅まで歩いて
電車に乗って帰路に着きました。
本日の歩数24,609歩(苦笑)
お次は
御朱印を紹介します♪



JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:季節の出来事

京都DE七福神(其の参)

  • 2018.01.14 Sunday
  • 10:52

3日目は朝から小雨模様(´・ω・`)

ですが

昨日予定を変更した『東寺』から。
 
『五十塔 特別公開』の時期と重なり

初めて初層の内部を見ることが出来ました(^^)

もちろん

愛しの帝釈天さまにも逢ってきましたよ♡(笑)

都七福神の『毘沙門天』の御朱印を頂き
こちらで満願になりましたヾ(@^▽^@)ノ
 

そして

現在 通年公開になった東寺の塔頭『観智院』へ。

宮本武蔵筆の襖画や茶室などの内覧ができます。

茶室では一服頂くこともできます。


この後は

雨脚が少し強くなってきましたが

バスで移動して『泉山七福神巡り』へ。
泉涌寺界隈の塔頭寺院を巡るので

範囲は狭いのですが この日限定なのでそれなりの人混みです。

第一番の『即成院』で福笹を頂き

番外2寺を合わせた全9寺を巡って福笹に縁起物を授与して頂きます。

あややんは御朱印の七福神巡りに挑戦!(^^)


ココから雨と人混みで 写真がかなり少なくなります(苦笑)


第二番『戒光寺

番外『新善光寺

第三番『今熊野観音寺

第四番『来迎院


番外『泉涌寺 楊貴妃観音堂

第五番『雲龍院

第六番『悲田院

第七番『法音院
 

途中 あずき粥や昆布茶などのお接待もありましたが

天気が悪いこともあり約3時間弱ぐらい掛かってしまいました。

この日は泉涌寺の拝観料が無料になっており

どうやら七福神フォーメイションのようでした(笑)
 

雨も降ったり止んだりで

かなり身体も冷えてしまったので
ひとまず京都駅に戻り まったり(* ̄∇ ̄*)

新幹線も早めだったので

そのまま駅界隈をブラブラして帰路に着きました。

お次は御朱印を紹介します♪



JUGEMテーマ:神社仏閣

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

links


楽天市場

Amazon

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM