秋の京都旅行2019(其の参)

  • 2019.09.19 Thursday
  • 08:51

最終日は
京都駅からほど近い 東福寺&東福寺塔頭巡りへ。
まずは
東福寺駅近くにある 滝尾神社へ。
 

そして
京都五山の第四位 臨済宗東福寺派大本山東福寺へ。
現在も山内に25ヶ寺を有する 大寺院です。
まずは
塔頭 同聚院(どうじゅいん)へ。
 
十万の眷属を率いて
衆生を救済すると伝えられているお不動さんなので
『十万不動』と呼ばれているそうです。

すぐ近くの塔頭 霊雲院(れいうんいん)も伺いました。
こちらでは
お庭を拝見させて頂きましたヾ(@^▽^@)ノ

幕末に西郷隆盛と僧侶月照が 維新の密議を交わした寺院でもあり
日露戦争中は ロシア人捕虜収容所にもなった歴史があるそうです。
 
そして 東福寺へ続く臥雲橋へ。
 
橋の中間から見上げると 通天橋が見えます(^^)
日下門から東福寺境内に入り
まずは通天橋へ。
 
通天橋から 今度は臥雲橋をパチリ♪
紅葉の時期は
人があふれ大渋滞になるそうです(苦笑)
苔や青紅葉を散策して
お次は 方丈で『八相の庭』を拝見。
 

 
お庭を眺めながら
暫し ほっこりまったりタイム(* ̄∇ ̄*)
こちらも『モシュ印 コケ寺リウム』の寺院です。
 

そして
少し離れた塔頭 勝林寺へ向かいます。
 
手水舎が花でいっぱいですヾ(@^▽^@)ノ
この日は
対面でご住職が御朱印を手書きしてくださる日だったようで
境内には ワラワラと人が・・・(苦笑)

早めでしたが
予約しているお蕎麦屋さんへ向かっていると
丁度 泉涌寺の門前に。
時間があったので
少し寄り道をして お参りさせて頂きました(^^)
 
こちらは幕末までの歴代天皇や皇族の陵墓があり
皇室の菩提寺として『御寺(みてら)』と呼ばれる 真言宗泉涌寺派の総本山です。


程よい時間になったので
今度こそ
予約していたお蕎麦屋さん澤正へ。

素敵な器と蕎麦懐石に舌鼓を打ちつつ
残り少ない京都の時間を堪能します。

京都駅に戻り
最後のお土産タイム(笑)
夕方の新幹線に乗って
帰路に着きました。
3日間の総歩数49612歩也。
食べた総カロリーを考えると・・・
・・・微妙?(爆)

お次は恒例
御朱印を紹介しますヾ(o・_・o)



JUGEMテーマ:神社仏閣

秋の京都旅行2019(其の弐)

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 08:41

2日目は
嵐山方面を探訪( ̄▽ ̄)ゞ

JRで嵯峨嵐山駅まで行き
徒歩約15分 大覚寺へ。
 
真言宗大覚寺派大本山の寺院で
元は 嵯峨天皇の離宮『離宮嵯峨院』が前身です。
天皇家とも縁の深い寺院でもあります。
 
大沢池(おおさわのいけ)で
嵯峨天皇が 中秋の名月に舟を浮かべ
文化人 貴族の方々と遊ばれたことから始まった『観月の夕べ』が
9月13〜15日まで開催されていました(もちろん 夜のみですが/笑)
こちらでは
お写経をして納経してきました( ̄▽ ̄)ゞ

少し早いお昼は
清凉寺境内にある竹仙へ。
 
季節限定の冷たいお豆腐を堪能(* ̄∇ ̄*)
そして食後は
もちろん 清凉寺を拝観。
 
通称『嵯峨釈迦堂』の名で知られる浄土宗寺院で
豊臣秀吉公の三男 秀頼公が埋葬されているお寺でもあります。
一通り拝観してから
お次は 祇王寺へ。

真言宗大覚寺派の尼寺で
先に伺った大覚寺との共通拝観券もあります。
苔の庭に竹林と楓に囲まれた草庵で『平家物語』にも登場したそうです。
 
『そうだ京都、行こう』のイベント『モシュ印 コケ寺リウム』の
参加寺院でもあります(^^)(〜12/8まで)
 

そして
二尊院が意外と近くにあったので
急遽 お立ち寄り(笑)

現在は 天台宗の寺院ですが
少し前(明治維新頃)までは
天台宗 真言宗 律宗 浄土宗の四宗兼学道場だったそうです。

百人一首にも謳われた 小倉山の麓にあり
その名の通り
『釈迦如来』と『阿弥陀如来』の二尊を祀っています。
上の参道『紅葉の馬場』は 紅葉の名所としても有名です。
 

嵐山の最終目的地
リベンジ天龍寺!(笑)の道すがら
小倉池に僅かに残る 蓮の花を見ながら暫し癒しの時間(* ̄∇ ̄*)
 
すると
ほとりに 御髪(みかみ)神社を発見!!
 
日本で唯一の『髪の神社』さんです。

『嵐山といえば・・・』的な竹林は ご覧の通り(苦笑)
抜けると いよいよ天龍寺です。

この日の最高気温 36℃。
歩き詰めだったので
天龍寺の売店で まったりひと休みしているうちに・・・・・・(;¬_¬)
・・・あれ・・・このパターンは・・・・・・(;¬_¬)

買い物への体力温存の為
またしても
天龍寺 拝観叶わず(苦笑)

界隈で買い物をしてから
嵐電や阪急線に乗り河原町へ。
八坂神社近くにある 仲源寺に伺いました(^^)
 
寺務所が閉まっていたので お参りのみになりましたが
目の病気に御利益がある『目やみ地蔵』が有名です。


そして
祇園界隈でお買い物をして
夕食は 河原町の繁華街へ。
実は大阪在住の友人を呼んでいて
サプライ〜ズ!を仕込んでいたのですが
お店の人に『もう一人のお連れ様は・・・』なんて言われちゃったから
思いっきりバレちゃいました(苦笑)
でも
楽しい夜を過ごせました♪(* ̄∇ ̄*)



JUGEMテーマ:神社仏閣

秋の京都旅行2019(其の壱)

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 16:09

9月の連休前半は
2泊3日で友人達と 京都へ行って参りました( ̄▽ ̄)ゞ
希望していた新幹線のチケットが取れず
重役出勤で京都入り(笑)
ホテルに荷物を預けたら
湖西線に乗り 一路滋賀県の大津京駅へ。
そこから貸切観光タクシーで
開祖と言われるお坊さん達が

こぞって修行をした地
比叡山延暦寺へ向かいますヾ(o・_・o)

歴史に詳しい運転手さんの案内で
まずは 絶景ポイントへ。
 
琵琶湖が見えるビュースポット。
お天気に恵まれて ご覧の通り(^^)

滋賀と京都の県境が あったり(笑)

そして
拝観が早くに終わってしまう方面から行く作戦で
最初は西塔(さいとう)地域へ。
まずは
最澄さん(伝教大師)が眠る御廟がある浄土院へ。
 
少し離れた場所にひっそりと佇んでいました。
そして釈迦堂へ。

ぐるりと拝観をしたら
お次は 横川(よかわ)地域へ。
 
こちらでは
横川中堂と元三大師堂へ。

なんせ
新幹線の時間がずれて
拝観がギリギリの時間になってしまっている為
駆け足行脚です(苦笑)

拝観終了30分前に
やっと東塔(とうどう)へ。
 
いっぱい見どころがある東塔ですが
本日は大講堂と根本中堂で 目いっぱい(苦笑)
根本中堂なんて
半分 門閉められてるし(爆)
ちなみに
根本中堂は 平成28年より約10年をかけて大改修中です。

タクシー会社さんの話だと
『急げば2時間〜2時間半位で廻れます』
なんて 言ってたけど
とんでもないっ!
意外とアップダウンの道や砂利道が多く
境内の移動に思ったより時間が掛かるので
半日位は必要な比叡山延暦寺でした。
ので
リベンジ決定!(笑)
次回は 東塔をじっくり(^^)

駅から往復3時間の貸切旅行が終わり
京都駅へ戻ったら
本日の日程 終了。

夜は
ホテルのビアガーデンで食事をし
明日に備えますヾ(o・_・o)



JUGEMテーマ:神社仏閣

大阪・熊野の旅【其の参】

  • 2019.04.26 Friday
  • 09:21

3日目は
1日目2日目のハードスケジュールとはうって変わって
まったりゆっくりスケジュール(* ̄∇ ̄*)
・・・というか スカスカになってしまった⁉(苦笑)
ホテルで朝食バイキングを頂き
チェックアウトも ゆったりと(* ̄∇ ̄*)

荷物を預けて
阪神線の梅田駅を目指します。
予報では
本日の最高気温 24℃。
・・・もう初夏です(笑)

そんな中 伺ったのはこちら♪
 
姫嶋神社
別名:やりなおし神社
再起復活や女性の開運招福、美人祈願などに御利益があるそうです(^^)

 
玉榮稲荷社と元楯社に金刀比羅宮

 
楠社


たまたま境内に出ていた 地車(だんじり)

暫し境内を散策
それでも時間があるので
隣の公園でまったり〜(* ̄∇ ̄*)
遊具で子供が遊んでいたり
ベンチで近所のおじいちゃん達が
将棋を指してました(^^)

ほんわかな時を過ごし
梅田駅へ戻ります。

お次は
梅田の繁華街の中にある綱敷天神社御旅社へ。


少し離れた場所に 御本社と末社の歯神社があります。
御朱印は
現在は御旅社でのみ授与されています。
 
御本社は 嵯峨天皇と菅原道真公
御旅社は 菅原道真公と玉姫稲荷大神
歯神社は 世界でも珍しい歯の神様
をお祀りしているそうです。
歯神社は
元々は梅田界隈の田畑をお守りするお稲荷さんにあった巨石を御神体として
お祀りされていました。
江戸中期に大規模な洪水が発生し
この巨石が水の流れを『歯止め』したところから
『歯止めの神様』として慕われるようになり
いつしか『歯止め』が『歯痛止め』になり今日に至るようです。

この後は
久しぶりに大阪在住の友人に逢いに。
待ち合わせ場所に向かう途中

いい仕事をしている宣伝トラックに遭遇(笑)
さすが!大阪は違うなぁ〜と思っていたら
足立ナンバー(地元)やん!(爆)

友人と合流し
あちこち食べ歩きをして
数年分のおしゃべり(笑)を楽しみ
別れを惜しみながら
帰路に着きました。

最後は
御朱印を紹介します♪



JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:御朱印収集

大阪・熊野の旅【其の弐】

  • 2019.04.25 Thursday
  • 09:27

2日目は
今回の旅行のメイン『熊野』へ。
阪急交通社さんの
日帰りバスツアーに参加します( ̄▽ ̄)ゞ

7:00梅田に集合。なんばも立ち寄り
まずはひたすら南下します。
途中 休憩を挟みながら揺られること5時間(苦笑)

南紀の水平線を見ながら
まずは橋杭岩(はしぐいいわ)を目指します。
 
こちらは
空海さん(弘法大師)が天邪鬼と橋を渡す競争をした伝説が残ります。
一晩で橋を渡す競争をしていたのですが
圧倒的に空海さんに差をつけられてしまった天邪鬼は
邪魔をしようとニワトリの真似をして 朝が来たと勘違いをさせます。
その声を聴き 完成前に朝が来てしまったと思い
空海さんは作業をやめてしまい それが立岩として今も残っているそうです。


暫しの休憩ののち
車内で配られたお弁当を もぎゅもぎゅ(*´ω`*)
しばらくすると 一社目の熊野那智大社に到着。

今回は滞在時間が60分なので
滝の麓にある『飛瀧神社(ひろうじんじゃ)』への参拝は
時間的に難しいとのこと(´・ω・`)残念です。




いきなり473段の階段Σ( ̄□ ̄ノ)ノ
もうゼーハーものです(苦笑)
 
現在改修工事中とのコトで

鳥居や建物に覆いが掛かっておりました(苦笑)
 

階段を登りきると・・・

桜の下を花嫁行列
なんとも絵になります(^^)

 
熊野那智大社拝殿と御縣彦社(みあがたひこしゃ)

御縣彦社は八咫烏を祀るお社です。

拝殿のすぐ脇には授与所があり・・・

でっかい
おみくじがっ!!(笑)


ものすご〜く引きたかったのですが

時間もそこそこなので

そこはグッと我慢(苦笑)

お次は
すぐお隣にある青岸渡寺(せいがんとじ)へ。
 
西国三十三ヶ所の第一番札所です。
丁度 巡礼中の団体さんもいて
境内は大勢の人で あふれていました。

 
青岸渡寺の境内から見える
三重塔と那智の滝です(^^)


あっという間に集合時間になり
次の目的地
熊野速玉大社へ。
 
こちらには
大きな梛(なぎ)の御神木があります。

樹齢は1000年とも言われており
古来から道中の安全を祈り
この葉を懐中に忍ばせてお参りすることが習わしだったそうです。

 
神門と参集殿
 
速玉宮と大禮殿(だいらいでん)

そして最後は
熊野本宮大社です。
 
熊野那智大社ほどではありませんが
階段が158段ほどあります。
参拝にはいくつかルールがあり
熊野本宮大社→彦田社→大斎原(おおゆのはら)の順に行います。

まずは
〇夏擦榔γ爾鯏个蝓〆乎爾魏爾襦
∋夏仕喘罎砲△襦憮姥預膺澄戮砲参りをして身を祓い清める。
手水舎にて清める。
そして
いよいよ参拝ですが・・・

・・・と
お社の参拝順も決まっています。

神門です。
ここから中は神域になりますので

撮影は禁止みたいです。
(参拝記念撮影等は社務所に届けで 許可を得る事と書かれてましたが/苦笑)

なので
神門の隣にある拝殿を映してみました。
 
拝殿と八咫ポスト

 
亀石と大黒石

ちょっとゆっくりしすぎて
彦田社と大斎原に行きそびれてしまいました(苦笑)

駐車場から
ちょろっと見えた日本一の大鳥居を パチリッ♪


この時 既に17時半。

帰りは
日本一面積が大きな村 十津川村を縦断し
一路大阪へ。
途中 柿の葉寿司のお店に寄り軽食&お土産を買って
21時半 無事大阪に戻って参りました( ̄▽ ̄)ゞ

拘束時間:約14時間半
バス走行距離:約457Km
総歩数:11891歩

添乗員さんもビックリの
日帰り熊野三山詣でした(^^)
(場所的には宿泊で行く方が普通なんだそうです/苦笑)



JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:御朱印収集

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

links


楽天市場

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM