ブラあややん(小江戸)御朱印

  • 2018.06.04 Monday
  • 12:46

今回
拝受した御朱印を紹介しますヾ(o・_・o)

 
左:川越八幡宮 右:仙波東照宮

どちらも川越八幡宮にて授与して頂けます。
仙波東照宮の御朱印は

東照宮の階段下にあるお団子屋さん(茶屋)にも書置きがあるようです。

 
左:川越熊野神社 右:川越熊野神社 厳島神社

川越熊野神社では2種類授与して頂けます。
厳島神社(川越銭洗弁財天)は 境内にある宝池のお隣にお社があります。


蓮馨寺

御本尊は阿弥陀如来です。
子育て・安産に霊験あらたかな
呑龍上人(どんりゅうしょうにん)の文字が中央に書かれています。
この他に
小江戸川越七福神の 福禄寿神の御朱印もありました(書置きのみ)

 
左:氷川神社 右:三芳野神社(みよしのじんじゃ)

どちらも氷川神社で授与して頂けます。
三芳野神社は 氷川神社より徒歩10分ほどの川越城本丸御殿の近くにあります。
童謡の『通りゃんせ』は三芳野神社の参道が舞台といわれており
川越城築城以前より この地にありましたが
築城時に天神曲輪に位置することになり『お城の天神さま』と呼ばれ親しまれてきたそうです。
現在は修復工事中で 拝殿に仮設参拝所が設けられているようです。(平成30年度中工事予定)


成田山川越別院

御本尊は不動明王です。
関東三十六不動 第27番札所でもあり
小江戸川越七福神の恵比須神も祀ってあります。


喜多院

御本尊は阿弥陀如来です。
こちらも
関東三十六不動の札所で 第28番札所になります。
小江戸川越七福神の大黒天を祀っており
境内にある五百羅漢の石像も有名でです。
 

 


川越日枝神社

境内のお賽銭箱横の缶に 書置きが入っていて
御朱印代は お賽銭箱へ奉納するシステムになっていました。



中院

御本尊は阿弥陀如来です。
中央の文字は『無量寿』 阿弥陀仏の事です。
今回は書置きを頂きましたが 直に書いて頂くこともできるようです。

★おまけ★

熊野神社で御朱印を頂いている時
トンボが窓の隙間に入り込んでしまい 困っていたようなので
逃がす手助けをしたところ
『私とトンボからの気持ちです』と御福銭を頂きました(^^)
氷川神社の一年安鯛(おみくじ)は

張り子のような素材で出来ており 可愛かったのでお家に飾っています(^^)


今回は
全て徒歩で廻りましたが
循環バスなどもあるようなので
時間が合えば 利用するのもアリかもしれません。
食べ歩きができる
中市本店の『ねこまんま焼きおにぎり』や
小江戸おさつ庵の『おさつチップ』なんかは
すごい行列でした(苦笑)

次回 行く機会があれば
リベンジしたいところです(笑)



JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:御朱印収集

 

ブラあややん(小江戸)其の弐

  • 2018.06.03 Sunday
  • 11:20

小江戸のメインストリートから
歩くこと約20分。
川越氷川神社へ到着ですヾ(o・_・o)

鳥居が
やたら混雑していると思ったら・・・
涼やかな風車が(^^)
 
 
こちらは『縁結び』の御利益が有名で

若い女性やカップルがわんさか(笑)

本殿では お式も挙げられているようでした(^^)

541年 創建。五柱の神々が祀られており

主祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)。
その他 境内には
護国神社の他 21社もの摂社・末社が祀られています。

川越氷川神社といえば・・・
 
鯛のおみくじ(笑)
・・・京都の八坂神社にもあった気が(苦笑)・・・
ピンクの『あい鯛みくじ』と赤色の『一年安鯛みくじ』があり
例にもれず
あややんは赤鯛 釣ってみました( ̄▽ ̄;)ゞ

氷川神社の境内で暫し過ごしてから

ずんどこ歩いて
お次は 真言宗智山派の成田山川越別院へ。
 
御存じ

千葉県にある成田山新勝寺の別院で 通称は『川越不動』
成田山最初の別院なんだそうです。

 

そして
すぐ近くには 天台宗の寺院 喜多院があります。

こちらは 通称『川越大師』
830年 円仁和尚(慈覚大師)創建で
境内にある多くの建物が重要文化財に指定されています。
 

そして
喜多院の山門前には 日枝神社があります。

もともとは
喜多院の境内にあったそうです。
太田道灌公が江戸城を築城するにあたり
こちらの神社さんから分祀したものが
赤坂にある日枝神社なんだそうです。

また
喜多院の裏手には
仙波東照宮があります。
 

残念ながら 門が閉まっていて参拝はできませんでした。

そして
徒歩約5分ほどのところに
天台宗の寺院 中院(なかいん)があります。

狭山茶発祥之地の碑があり
円仁和尚が京都から茶の実を持ち帰り 境内で薬用として栽培し始め
のちに狭山丘陵で広まったそうで
狭山茶は元は『河越茶』と呼ばれていたそうです。

元は仙波東照宮の場所にあり
昔は
仏蔵院【現 喜多院(北院)】仏寺院【中院】多聞院【南院】の三院で
星野山無量寿寺というお寺だったんだそうです。
そういえば
喜多院から中院に行く途中に 南院遺跡というのがありました。
 
明治維新に起きた

『廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)』により 廃寺となってしまい

現在の場所に石碑や石仏を集めたそうです。

南院があった場所は 今は住宅地になってしまっているそうです。


今回の探訪は ここまで。
その後は
駅に向かいがてらお茶とかして 川越の商店街をぶらぶら。
帰りも
各駅停車で・・・(苦笑)←乗り換えが面倒だった・・・(;¬_¬)
19098歩の休日でした(笑)

最後は
御朱印を紹介しますヾ(o・_・o)



JUGEMテーマ:神社仏閣

ブラあややん(小江戸)

  • 2018.06.02 Saturday
  • 23:07

早いもので

もう今年も 半年が過ぎようとしています(苦笑)
そんな6月の最初のお休みは
『小江戸』でおなじみ埼玉県の川越へ 行って参りました( ̄▽ ̄)ゞ

飯田橋駅から
東武東上線に乗り入れている有楽町線に乗れば
乗り換えをせずに 東武東上線の『川越駅』へアクセスできます。

各駅停車なので それなりに時間が・・・(^^;)
でも
途中 急行に乗り換えれば
もう少し早く着くことができます(^^)

まずは
駅から徒歩5分ほどのところにある 川越八幡宮へ。

1030年 源頼信公が戦勝に感謝し創祀。
御祭神は 応神天皇こと誉田別命(ほんだわけのみこと)です。
 
境内には
目の神様や稲荷社などもありました。

『八幡さまあるある』ですが
入ってきた方と反対側にある
石柱の『八』の字は『ハト』さんでした(^^)


ブラブラ歩きながら
お次は 川越熊野神社へ。
 
通称『おくまんさま』と呼ばれ
御祭神は 熊野大神で
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
事解之男尊(ことさかのおのみこと)
速玉之男尊(はやたまのおのみこと)の御三神です。
境内には
石が敷き詰められている歩道『足踏み健康ロード』や
運試しができる『輪投げ舎』
八咫烏さまから一言頂ける『むすひの庭』や
手相や算命学・気学などから運を指南する『開運指南所』などがあり
一味違った神社さんでした(^^)

お次は
徒歩約5分ほどの場所にある浄土宗の寺院 蓮馨寺(れんけいじ)へ。

境内では
とても賑わっていました(^^)
この辺りで丁度 お昼頃になり
お腹ぺこぺこのあややんは
コーヒーよりも定食を・・・(;¬_¬)
・・・ので フェスティバル 華麗にスルー(苦笑)
写真も
この1枚だけという・・・(汗)


無事 昼食を終え
復活してからは またずんずん歩きます(笑)
 

 

 
あちこち寄り道をしながら
蔵造りの街並みを堪能(* ̄∇ ̄*)

そして

有名な川越のシンボル『時の鐘』へ。

なんとっ!人力車に乗った新郎新婦に遭遇Σ( ̄□ ̄ノ)ノ

これは

何とも縁起が良い!!ヾ(@^▽^@)ノ
 

そして

『時の鐘』を潜って薬師神社をお参り。
 

出てくると
レトロな巡回バスに遭遇。

そして

レトロなスタバも発見!(笑)


そして
これよりちょっと離れた氷川神社へ向かいます。



JUGEMテーマ:神社仏閣

お富士さんの植木市

  • 2018.05.30 Wednesday
  • 11:55

日曜日は 所用ありて浅草へ。


・・・はい

いつも通りの混雑ぶりです(苦笑)

丁度 浅草富士浅間神社の植木市が
開催中とのことだったので ちょいと寄り道。
 
地元では

お富士さんの植木市』と呼ばれ 親しまれているそうです(^^)
普段は 閑散としている境内ですが

本日は 特別御朱印待ちの方々が10〜15名位。

あややんも

例にもれず・・・です(^^;)

植木市は
境内ではなく

近くの商店街に 植木屋さんと出店が並んでおりました。

お昼を頂いてからの 散策だったので

出店堪能が・・・orz il||li _| ̄|○ il||li
一通り ブラブラ歩いて

用事を済ませ 浅草寺でお参り&おみくじを引いて帰路に着きました。

★拝受した御朱印★



浅草富士浅間神社 植木市

こちらの御朱印は

 

植木市開催日に授与して頂けます。
今年は

5月26日、27日  6月30日、7月1日
が開催日です(^^)

また
去年辺りから

浅草神社や浅草富士浅間神社での
特別御朱印は御朱印帳への頒布のみですので

御朱印帳を お忘れなく♪



JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:御朱印収集

JUGEMテーマ:季節の出来事

JUGEMテーマ:東京近辺の観光地

ブラあややん(大田区)

  • 2018.05.12 Saturday
  • 23:20

那須与一公 ゆかりの神社

太田神社の例大祭に行って参りました( ̄▽ ̄)ゞ
 
那須与一公といえば
源平屋島の戦いで

海上に浮かぶ平家の船に立てられた扇の的を
馬上から一矢で射とめた弓の名手として有名です。
こちらの神社は
那須与一公の守本尊『誉田別命(ほんだわけのみこと)』を御祭神として祀り
『一願必中』の御利益があるといわれております。

本年の例大祭は

5月11日〜13日まで行われており

去年は所用があり伺えなかったので 一年越しです(笑)
『地元のお祭り』という感じで

境内には 子供がいっぱいヾ(@^▽^@)ノ

これは『東京の与一くん』というご当地キャラクターみたいです(^^;)

 
伺った時は

丁度 御神輿が境内に集まっていて賑やかでした(^^)

時間があったので
久しぶりに
近くの池上本門寺に行ってみました(^^)
 
3年ぶり位でしょうか(苦笑)

日蓮宗の大本山で 日蓮上人入滅の地として有名です。

有名といえば

力道山の墓所も この池上本門寺にあるみたいです。

帰りは

品川駅までバスに揺られて ゆっくり帰って参りました(^^)


今回頂いた 御朱印です♪

 
左:太田神社 右:太田神社 例大祭

例大祭などの行事の時以外は 不在が多いらしいので
拝受の際は HPなどで確認をした方がよいそうです。

 
左:池上本門寺 御首題 右:池上鬼子母神堂 御首題

本門寺の御首題は 以前も拝受していますが
今回は 大堂にて授けて頂きました(^^)
池上鬼子母神堂は
本門寺の子院『厳定院』の別院で
総門前の参道に位置しております。


久しぶりに
御首題を頂き

通称『ひげ文字』といわれるお題目を拝めて

惚れ惚れ♡しています(* ̄∇ ̄*)



JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:御朱印収集

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

links


楽天市場

Amazon

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM