紅葉狩り2019(御朱印)

  • 2019.11.22 Friday
  • 00:32

今回も
たくさんの御朱印を授与して頂けましたヾ(@^▽^@)ノ

まずは
大徳寺塔頭から(^^)


黄梅院

和尚さまが作られた歌で
夫婦で伺うと この歌を書いて頂けるようです。

 
左:龍源院 右:瑞峯院

龍源院は書置きでの授与でした。

 
左:興臨院 右:大仙院

興臨院は書置きでの授与です。

 
左:総見院 右:高桐院

総見院は書置きで 厚手和紙での授与です。

通年公開寺院(龍源院 瑞峯院 大仙院 高桐院※高桐院は11月10日から再開)と
2019秋の特別公開寺院(黄梅院 興臨院 総見院)に伺いました。
その年や季節によって 特別公開される寺院が異なるようです。
大抵は 春と秋に特別公開があるようです。



今宮神社(見開き)

今回は見開きで頂きましたが
1枚(片側)のバージョンもありました。


左:下鴨神社 雑太社 右:仲源寺

雑太社は書置きのみで 糺の森にある河合神社で授与して頂けます。
実は仲源寺に伺う予定はなかったのですが
たまたま前を通ったら
授与所が開いていたので 運よく授与して頂く事ができました(^^)


高台寺 夜間拝観限定

高台寺の御朱印 実は『光る御朱印』だったりします(^^)
ちなみに
永観堂の御朱印は 夜間拝観時の授与がないようです。
(あややんは以前頂いているので/笑)
・・・本当は 紅葉の写真を撮るのに追われて・・・( ̄▽ ̄;)ゞ

 
左:薬師寺 薬師如来 右:薬師寺 聖観世音

薬師如来は大講堂で 聖観世音は東院堂で授与して頂けます。
(聖観世音は書置きのみです)
大講堂では 4種ほど御朱印があるようですが
伺った日は『御本尊様のみ』との掲示があったにも関わらず
他の御朱印をねだるおばさんが・・・(;¬_¬)
書き手のおじさんも困っていましたが
最終的には2種類書いてもらっていたようです。
・・・いい大人が なんだかなぁ〜・・・(´・ω・`)

 
左:薬師寺 無量光 右:薬師寺 玄奘三蔵

無量光は食堂 玄奘三蔵は玄奘三蔵院で授与して頂けます。
どちらも 書置きのみの授与です。

 
左:孫太郎稲荷神社 右:休ヶ岡八幡宮

どちらも書置きで 休ヶ岡八幡宮で授与して頂けます。

 
左:唐招提寺 廬舎那佛 右:唐招提寺 鑑真大和上

どちらも御朱印所で授与して頂けます。
鑑真大和上の御影は書置きのみです。


今回伺った大徳寺塔頭や今宮神社は
京都の中でも
比較的人混みも少なく 落ち着いて観光できる場所だと思います。
奈良の 薬師寺と唐招提寺も
東大寺 興福寺などに比べれば 格段に人の数が違います。
世界遺産の有名寺院なのに
ゆっくり観光ができる穴場かもしれません。
(時期によるかも知れませんが/苦笑)

最近は
何処に行っても
素敵なオリジナル御朱印帳が増え
ついつい手が伸びそうに・・・(苦笑)
あややんは
一般市販の物を使っていますが・・・
・・・神社仏閣のオリジナル御朱印帳も良いかもです(* ̄∇ ̄*)
また
御朱印も色々増え
色彩豊かだったり 創意工夫がされていたり
授与して頂く側としては
うれしい限りです(* ̄∇ ̄*)


光っている高台寺の御朱印は こちら♪


ただ
授与して頂く側の『節度』や『マナー』もわきまえなくてはと
人の振り見て 思いました(苦笑)
ますます大仙院和尚さまの名言が頭を横切ります。

『気は長く 心は丸く 腹立てず 人は大きく 己は小さく』

・・・精進しなくては!(๑•̀ㅂ•́)و✧



JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:御朱印収集

 

紅葉狩り2019(其の参)

  • 2019.11.21 Thursday
  • 00:30

2日目は
朝から奈良方面へ。
烏丸線で竹田駅まで出て
近鉄線に乗り換え 西ノ京駅へ向かいます( ̄▽ ̄)ゞ
 
駅から数分で
いつもお写経でお世話になっている
東京別院の大本山 薬師寺に到着。
最初は白鳳伽藍へ。

伺うと 丁度説法が行われていて

修学旅行生がわんさか(苦笑)

そして ドッカンドッカンの大うけ(笑)

一緒に説法を聞きたかったのですが

この後のことを考えると・・・(;¬_¬)混むだろうし・・・
ので 先にお参りへ。

まずは大講堂へ。

中央に弥勒如来
向かって右に法苑林菩薩(ほうえんりんぼさつ)
左に大妙相菩薩(だいみょうそうぼさつ)が
安置されているそうですが
両脇の菩薩さま達は どちらかに出張中でした(苦笑)
 

そして

特別公開中の食堂へ。

元は名前の通り僧侶が斎食する為の建物で
300人が一同に会することができる規模だったとか。
現在は
阿弥陀三尊浄土図が飾られ
裏には 金色に輝く千躰佛が安置されています。
 

それから東院堂へ。

こちらには
聖観世音菩薩像が安置されています。


東塔は現在解体修理中で

2020年4月に落成法要予定だそうです。

 
そして

御本尊 薬師三尊像が安置してある金堂
釈迦八相像が祀られている西塔を お参りしてから
白鳳伽藍より南方に位置する
孫太郎稲荷神社と休ヶ岡八幡宮へ。
 
休ヶ岡八幡宮は薬師寺を守護する鎮守社ですが

現在 社殿の修復工事が行われています。

こちらも2020年春頃 完成予定です。
 

また白鳳伽藍に戻り

不動堂をお参りしてから

今度は北方に位置する 玄奘三蔵院伽藍へ。
 
こちらは公開期間が年に何回か決まっているので

お参りする方は お気を付けくださいませヾ(o・_・o)

玄奘三蔵とは
あの西遊記に出てくる三蔵法師ですが

悟空や沙悟浄 猪八戒などはいません(笑)
 

こちらの敷地には
お写経道場があるのですが

相方が 全くもって興味が無く・・・(ーー;)

お写経しないまま 薬師寺を後にしました。
 

道すがらでお昼を頂いて

お次は 唐招提寺へ。
 
759年創建
6度目にしてやっと日本の地を踏んだ鑑真和上が開基で
晩年を過ごした寺院でもあります。
 
金堂には
廬舎那仏坐像を中央に
向かって右に薬師如来立像
左には千手観音菩薩立像が安置されております。


金堂の北側に位置する講堂には
弥勒如来坐像と持国天立像 増長天立像が安置されています。

教科書で見たことある
『高床式校倉造り』の経蔵と宝蔵です(^^)

開山堂には
鑑真和上坐像の『御身代わり像』が安置されており
いつでも参拝が出来ます。
6月6日の鑑真和上御命日前後3日間(開山忌)だけ
御影堂に安置されている国宝 鑑真和上坐像のお厨子が開かれます。

※御影堂は
現在 平成大修理事業の為 2022年3月まで拝観中止みたいです。
(鑑真和上坐像は新宝蔵に遷座しているそうです。)
そして
鑑真和上の御廟へ。
 
歴史を感じさせる土塀の奥に御廟があります。
苔の緑が鮮やかです。

御廟の周りには池があり
鯉や鴨がたくさんいました。

境内西方には
火災で石段のみになってしまった戒壇があり
現在は 中央に宝塔が置かれています。

外周の小径には
秋を感じる紅葉が ちらほら・・・
 
苔生した庭も素敵です♡

今回の探訪は ここまで。
西ノ京駅から
たまたま間に合った特急に乗ったら
京都駅まで37分で着いてしまい
余った時間は
京都駅周辺で まったり〜♪(* ̄∇ ̄*)
夕刻発の新幹線に乗り
帰路に着きました。

総歩数 15870歩
まったりした分 少な目です(笑)

最後は
御朱印を紹介しますヾ(o・_・o)




JUGEMテーマ:神社仏閣

紅葉狩り2019(其の弐)

  • 2019.11.20 Wednesday
  • 00:09

今宮神社を後にして
向かうは
下鴨神社糺の森にある 河合神社

こちらでは
糺の森内にある『雑太社(さわたしゃ)』の御朱印を頂きました。
今年行われたラグビーワールドカップの抽選の地(京都)であり
京都で初めてラグビーが行われた地(糺の森馬場)でもあるそうです。
元は雑太という地の鎮祭社でしたが
延焼や変遷により相殿になったりと複雑な歴史があるようです。

時間がギリギリだったので
先に御朱印を頂いてからお参りしようと思って歩いていると・・・
・・・なんと逆方向に行ってしまい 気づけば出町柳駅へΣ( ̄□ ̄ノ)ノ
・・・orz il||li _| ̄|○ il||li

高野川のほとりの紅葉は まずまずでしたよ(苦笑)

気を取り直して
京阪線に乗り祇園四条駅へ。
そして八坂神社方面へ てくてく(笑)
 
前回の京都でも伺った仲源寺さんへ寄り道。
あ!御朱印所が開いてるヾ(@^▽^@)ノ
お参りを済ませたら こちら。

いつ来ても安定の混み具合の八坂神社へ。

いつもガランドゥ(笑)の舞殿に
何やらお供え物が・・・
調べると 翌日は玉光稲荷社秋季祭が催行されるようでした。

八坂神社を抜けて
いよいよ夜間拝観その1 高台寺へ。

丁度 日没時間を過ぎて薄暗くなってきたところですが
携帯のカメラ感度が宜しすぎて
フラッシュ禁止にしていても
自動で明るめの写真が取れるという 罠(苦笑)
 
 
 
 
帰り際 拝観口を見てみたら長蛇の列でした(苦笑)

そして
メインイベントの 永観堂夜間拝観へ。
 
総門をくぐると
ぐる〜っと蛇行して駐車場まで伸びる夜間拝観の列が・・・Σ( ̄□ ̄ノ)ノ
でも
今回は食事付き拝観を予約していたので
その列には並ばず 永観堂会館へ行き
まずはお食事(* ̄∇ ̄*)
そして勧学門からするっと境内へ。
 
さすが和歌に『紅葉の永観堂』と詠まれるだけあり
人も紅葉もすごいです(苦笑)
 
 
御影堂では
丁度 雅楽演奏がおこなわれ 心地よい調べが境内に響いていました( ̄▽ ̄)ゞ
 
 
十二分に紅葉を堪能して
帰路に着きました。
本日の総歩数 20606歩
よく食べ よく歩きました(笑)

明日は
奈良へ向かいます(^^)



JUGEMテーマ:神社仏閣

紅葉狩り2019(其の壱)

  • 2019.11.19 Tuesday
  • 07:26

11月の更待月の日
紅葉の京都へ 1泊2日で行って参りました( ̄▽ ̄)ゞ
実は
この時期の京都は 初めて訪れます。

今回は
五条にあるベッセルホテルカンパーナ京都五条さんへ。
駅から徒歩1分の好立地です(^^)
荷物を預けたら
烏丸線で北大路駅へ。そこからタクシーで約5分。
洛北にある大徳寺さん辺りへ(笑)

大徳寺は臨済宗大徳寺派の総本山で
界隈には塔頭24寺を有しますが
大徳寺を含めそのほとんどが 一般には非公開寺院で
塔頭では常時拝観可能な寺院は3寺院ほど。
春と秋に一部の寺院が公開されます。
 
ちなみに今回
大徳寺は拝観不可でした(苦笑)

7寺ほど拝観可能でしたので
まずは
秋の特別公開寺院巡りへ( ̄▽ ̄)ゞ
 
最初は
北大路通からすぐの黄梅院(おうばいいん)へ。
 
入り口の参道付近は撮影可ですが
その他はお庭も含め 撮影禁止です。
こちらでは和尚さまが
その人を見て感じた言葉を 御朱印帳に書いて頂けます(^^)

(ので 書いてくださる言葉が人によって変わります)
素敵なお庭を拝見し 御朱印を頂戴したら
ひとまず昼食へ。
界隈で有名な大徳寺納豆を購入してから
お次は 龍源院(りょうげんいん)へ。
 
こちらのお庭は撮影可ですが

SNSなどへの投稿は控えてくださいとの事。
以前 東北の方で
庭園の写真を無断登用されて
さも自社の庭のように新聞に載っていたそうです。
(確か庭園業者さんだったとか/苦笑)
ご自身で楽しむのはOKだそうです(^^)

そして近くの瑞峯院(ずいほういん)へ。
 
こちらは
撮影可能ですヾ(@^▽^@)ノ
 
キリシタン大名として有名な
九州豊前豊後の領主 大友宗麟公が
自らの菩提寺として創建した寺院で
宗麟公の法名『瑞峯院殿瑞峯宗麟居士』から 寺号が名付けられたそうです。

お隣の興臨院(こうりんいん)は
普段は非公開寺院です。

こちらも撮影可能です(^^)
 
能登国の戦国武将 畠山 義総公が建立
以後畠山家の菩提寺になりますが
畠山家没落後 初代加賀藩主前田利家公が庇護
前田家の菩提寺になったそうです。

大徳寺の本坊を右手に見て進むと
大仙院(だいせんいん)が見えてきます。

こちらは
残念ながら撮影不可です(´・ω・`)
豪快な説法で有名な名物和尚さまがいらっしゃる寺院で
『気は長く 心は丸く 腹立てず 人は大きく 己は小さく』
の名言掛け軸がありました(^^)

(気になる人は ググってみてください/笑)

そして
織田信長公菩提寺の総見院(そうけんいん)へ。
何故か門の写真が・・・( ̄▽ ̄;)ゞ・・・取り忘れ(苦笑)
こちらは 一部のみ撮影可です。

豊臣秀吉公が織田信長公一周忌に間に合うよう建立した寺院で
その際 信長公の木像を白檀で二体造像し
一体は大徳寺へ もう一体は遺骸の代わりに火葬され
京都中が香木の香りに包まれたそうです。
その後 明治時代の廃仏毀釈により
多くの宝物が灰と化し
暫くは修禅専門道場となっていましたが
大徳寺に安置されていた信長公の木像を再び迎え
380年忌供養を盛大に執り行ったそうです。

木像を運ぶ時に使用された『輿』が使われている廊下


茶筅(ちゃせん)の供養塔『茶筅塚』
花立は『茶筅』お線香立ては『抹茶茶碗』の形をしています。

最後は高桐院(こうとういん)へ。
 
2017年6月から2019年3月まで屋根の吹き替えの為 拝観休止予定でしたが
2018年の台風被害で 拝観休止が延長に。
2019年11月10日より やっと再開され
待ちに待った人たちで溢れていました(苦笑)
 
 

戦国武将 細川忠興公と正室細川ガラシャの墓所があり
細川家の菩提寺になっています。

どの寺院も
紅葉は一部で
見頃までは もう少し時間が掛かりそうです(苦笑)

この後は
近くの今宮神社へ。
 
別名『玉の輿神社』といわれ
西陣に住む八百屋の『お玉さん』が
三代将軍徳川家光公の側室となり 五代将軍綱吉公の生母になったという
シンデレラストーリーが有名です(^^)
そして
今宮神社といえば『あぶり餅』
 
今回は『かざりや』さんで頂きましたヾ(@^▽^@)ノ


この後は
ちょいと寄り道をしてから
夜間特別拝観へ参りますヾ(o・_・o)



JUGEMテーマ:神社仏閣

ゐのこ大祭2019

  • 2019.11.11 Monday
  • 00:30

8日は『酉の市』で 鷲神社へ。
9日は『戌の日』で 水天宮へ。
10日は『ゐのこ大祭』で
徳大寺さんへ行って参りました( ̄▽ ̄)ゞ

亥の日が御縁日の『摩利支天(まりしてん)』を祀っている
日蓮宗の寺院で
上野のアメ横にあります。
旧暦の10月(亥の月)の最初の亥の日に行われる大祭で
この日は四万六千日の功徳を頂けますヾ(o・_・o)

今年はいのしし年なので
毎日が 御縁日だそうです(^^)

12時〜の御祈祷に参加させてもらい
祈祷札・厄除黄飯・火難盗難除け黒札を授けて頂きました(* ̄∇ ̄*)

この黄色いお赤飯(あ、赤じゃなかった/苦笑)
お寺の創建以来 ず〜っと続いているそうです。

そして少し遅い昼食を頂きに 精養軒へ。

数年ぶりの ビーフシチュー(* ̄∇ ̄*)
食後は上野東照宮へ。
 
上野公園内を ブラブラしてから
秋葉原駅まで歩く間
ちょっぴり衝動買いをして
帰路に着きました(苦笑)


★拝受した御朱印★

 
左:徳大寺 ゐのこ大祭御朱印 右:徳大寺 御首題


上野東照宮 特別御朱印(書置き)

11月2〜10日まで
提灯を持って参拝する
『夢叶う光の夜』ライトアップが行われており
この期間限定の御朱印だったようです。


週末は
秋の京都へ行って参ります(* ̄∇ ̄*)



JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:御朱印収集

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

links


楽天市場

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM